読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに

形而上学・倫理学・法哲学・社会学・自然学・美学・その他諸々について書いてみたい幼稚園児のブログです。まあ、しかし焦らずにゆっくりと、気の向くままにいきましょう。

幻のSTAP細胞(補足2) 定義により「STAP細胞」は存在した

本題(STAP細胞問題は、「理系の問題」ではなく、「文系の問題」である)に入る前に…

 

私は、当初の疑問(1.小保方は、不当に研究者人生を断たれたのではないか? 2.笹井は、なぜ自殺しなければならなかったのか?)に一応の答えを出した。それは笹井の死までを追えばそれで済む。しかし、その後 2014/12/19に「STAP現象の検証結果」が公表され、2014/12/25に「研究論文に関する調査報告書」が理研理事長に提出された。この2つは、私の結論(小保方は魔女狩りにあった)に影響を及ぼすものであるか、を検討しておこう。

 

言葉の定義の問題

ここでまず小保方バッシングには「言葉」の問題があることを再度強調しておこう。

小保方は、STAP細胞を次のように名づけた。理研の資料によると、(幻のSTAP細胞(2)参照)

分化したリンパ球のみを分離した上、酸性溶液で刺激することで、2日以内に初期化が開始し、多能性マーカー(Oct4::GFP)の発現が認められた。7日後にはそれらの細胞は、細胞塊を形成した。

小保方研究ユニットリーダーは、このような細胞外刺激による体細胞からの多能性細胞への初期化現象を刺激惹起性多能性獲得(Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency; STAPと略する)、生じた多能性細胞をSTAP細胞と名付けました

小保方が「STAP細胞」と名付けたと、はっきり書いてある。誰か他の者が「STAP細胞」を定義したのではない。誰か他の者の「STAP細胞」の定義を曲解したのではない。小保方は、これを「プリンセズ細胞」と名付けてもよかったし、「VO細胞」と名付けてもよかったのである。

理研資料の「Nature論文の概要1」の右端にSTAP細胞塊と書いてある。これが小保方定義のSTAP細胞の塊である。

f:id:shoyo3:20150117100253j:plain

2014/12/19に理研が発表した「STAP現象の検証結果」の説明資料の図に「STAP細胞誘導の概略」というのがある。

f:id:shoyo3:20150117100409j:plain

右端の細胞塊には名前がない。これは「緑色蛍光陽性細胞の出現が十分には得られなかった状況下において、再現性をもって自家蛍光と区別し、多能性細胞特異的分子マーカーの発現と対応づけることは出来なかった。」ためであるようだ。そして僅かだが出現した細胞塊は、「STAP様細胞塊」と呼んでいる。そして小保方定義の「STAP細胞」は(ほぼ)なかった、と結論づけている。

さて、ここから「言葉の使い方」の話に入る。

まず第一に言えることは、論文を書いたときのもととなる実験においては「緑色蛍光陽性細胞」が出現したのであり、小保方はそれを「STAP細胞」と名づけたのである。検証実験で「緑色蛍光陽性細胞」がほとんど出現しなかったからといって、かって「緑色蛍光陽性細胞」が出現した(=小保方はそれを「STAP細胞」と名づけた)という事実は消えないのである。「STAP細胞」がもともと存在しなかったのではない。この違いを無視してはならない。極端なことを言えば、小保方がマジックを使って「緑色蛍光陽性細胞」を作りだしたのだとしても、定義により「STAP細胞」は存在したのである。「STAP細胞が否定された」のではない。「STAP細胞がなかった」のではない。…かって小保方の魔法により、小保方以外の者は「緑色蛍光陽性細胞」を見せられていたのだろうか。そんなことはあるまい。今回、小保方が「STAP細胞」をほとんど作りだせなかったとしたら、それは何が以前と違うのかと考えれば良いのである。それをSTAP細胞が否定された」とか、「STAP細胞はなかった」ということは、小保方は嘘つきだ、小保方は詐欺師だ、小保方は魔女だというイメージを与えるのである。…マスコミがそういう報道をするのである。小保方の「STAP細胞はあります。私自身STAP細胞は200回以上作製に成功しています」は、間違っていないとは書かない(言わない)のである。また「STAP現象の検証結果」においても、STAP細胞の文字を消したり、STAP様細胞と言い換えたりする必要はない。そんなことをせずSTAP細胞といっても、ほとんど出現しなかった等といっておけばそれで済む話である。理研は「STAP細胞はもともと存在しなかった」とどうしても言いたいのだろうか。

第二に、マスコミは、「STAP細胞既存の万能細胞である胚性幹細胞(ES細胞)だった可能性が非常に高い。(日経)」「調査委も「STAP細胞がなかったことはほぼ確実」と報道したとの見方を示した(毎日)」などと報道した。「研究論文に関する調査報告書」は、そういう言い方をしているのだろうか。「STAP細胞やSTAP幹細胞由来のキメラはES細胞由来である可能性が高い。」と言っていたのではないか。正しく「STAP細胞」という言葉を使っているし、STAP細胞=ES細胞なのではなく、「STAP細胞ES細胞由来である可能性が高い」と言っている。何故マスコミはこんな言い方をするのだろうか。上に述べたことと同じだが、「STAP細胞はなかった」ことにして、小保方は嘘つきだ、小保方は詐欺師だ、小保方は魔女だと言いたいのだろうか。

 

ここでちょっと余談…本を読まずに独断的書評

捏造の科学者 STAP細胞事件」(毎日新聞科学環境部 須田桃子)が売れているらしい。読む気にならない本である。

Amazonで「内容紹介(宣伝?)」を見ると、こんな具合である。

[第一章 異例づくしの記者会見]内容がまったく書かれていない奇妙な記者会見の案内が理研から届いた。笹井氏に問い合わせをすると「須田さんの場合は『絶対に来るべき』」とのメールが。山中教授のiPS細胞を超える発見と強調する異例の会見。 [第二章 疑義浮上]発表から二週間でネット上には、論文へのさまざまな指摘がアップされた。理研幹部は楽観的だったが、私は、以前森口尚史氏の嘘を見破った科学者の一言にドキリとする。「小保方さんは相当、何でもやってしまう人ですよ」 [第三章 衝撃の撤回呼びかけ]万能性の証明のかなめである「テラトーマ画像」と「TCR再構成」。このふたつが崩れた。共著者たちは、次々と論文撤回やむなしの判断に傾き、笹井氏も同意。しかしメールの取材には小保方氏をあくまで庇う発言を。 [第四章 STAP研究の原点]植物のカルス細胞と同じように動物も体細胞から初期化できるはずと肉をバラバラにして放置するなど奇妙な実験を繰り返していたハーバードの麻酔医バカンティ氏。STAP細胞の原点は、彼が〇一年に発表した論文にあった。 [第五章 不正認定]「科学史に残るスキャンダルになる」。デスクの言葉を裏付けるように、若山研の解析結果は、他細胞の混入・すり替えの可能性を示唆するものだった。一方、調査委員会は、論文の「改ざん」と「捏造」を認定する。 [第六章 小保方氏の反撃]「STAP細胞はあります」。小保方、笹井両氏が相次いで記者会見をした。こうした中、私は理研が公開しない残存試料についての取材を進めていた。テラトーマの切片などの試料が残っていることが分かったが。 [第七章 不正確定]理研CDBの自己点検検証の報告書案を、毎日新聞は入手する。そこには小保方氏採用の際、審査を一部省略するなどの例外措置を容認していたことが書かれていた。そうした中「キメラマウス」の画像にも致命的な疑惑が。 [第八章 存在を揺るがす解析]公開されているSTAP細胞の遺伝子データを解析すると、八番染色体にトリソミーがみつかった。たかだか一週間の培養でできるSTAP細胞にトリソミーが生じることはあり得ず、それはES細胞に特徴的なものだ。 [第九章 ついに論文撤回]改革委員会はCDBの「解体」を提言。こうした中、小保方氏立ち会いのもとでの再現実験が行われようとしていた。しかし、論文が捏造ならそれは意味がないのでは? 高まる批判の中、私たちは竹市センター長に会う。 [第十章 軽視された過去の指摘]過去にサイエンス、ネイチャーなどの一流科学誌に投稿され、不採択となったSTAP論文の査読資料を独自入手。そこに「細胞生物学の歴史を愚弄している」との言葉はなく、ES細胞混入の可能性も指摘されていた。 [第十一章 笹井氏の死とCDB「解体」]八月五日、笹井氏自殺のニュースが。思えば、私のSTAP細胞取材は笹井氏の一言で始まった。それ以降、笹井氏から受け取ったメールは約四十通。最後のメールは査読資料に関する質問の回答で、自殺の約三週間前のものだ。 [第十二章 STAP細胞事件が残したもの]〇二年に米国で発覚した超伝導をめぐる捏造事件「シェーン事件」。チェック機能を果たさないシニア研究者、科学誌の陥穽、学生時代からの不正などの類似点があるが、彼我の最大の違いは不正が発覚した際の厳しさだ。

私がこのブログを書く前だったら、面白そうだと思って買ったかもしれない。しかし、マスコミというものが、特に科学担当記者というものが「デュープロセス」も知らぬ、「正義のブリッコ」であることを知ったからには、「独断と偏見」に満ちた本であることが想像され、全く読む気になれないのである。しかし、この本が全く価値がないかと言えばそうではない。反面教師として読む価値がある。

(余談の余談)先日テレビを見ていたら、須田さんが出演されているのを拝見しました。小保方さんに負けず劣らずのチャ-ミングな方とお見受けしました。

 

ついでにもう一つ。読む気にならない本の2冊目である。

21世紀の資本」(トマ・ピケティ著)という本である。Amazonによれば、経済学分野のランキング1位である。先日テレビでも紹介していた。「内容紹介(宣伝?)」を見ると、

≪資本収益率が産出と所得の成長率を上回るとき、資本主義は自動的に、恣意的で持続不可能な格差を生み出す≫

格差は長期的にはどのように変化してきたのか? 資本の蓄積と分配は何によって決定づけられているのか? 所得格差と経済成長は、今後どうなるのか? 18世紀にまでさかのぼる詳細なデータと、明晰な理論によって、これらの重要問題を解き明かす。格差をめぐる議論に大変革をもたらしつつある、世界的ベストセラー。

「本年で、いや、この10年で、最も重要な経済学書になると言っても過言ではない」ポール・クルーグマン(プリンストン大学教授) 「地球規模の経済的、社会的変化を扱った画期的著作だ」エマニュエル・トッド(フランス国立人口統計学研究所) 「時宜にかなった重要書だ」ジョセフ・スティグリッツ(コロンビア大学教授) 「かれの解決策に賛成するにせよ、しないにせよ、資本主義を資本主義から救おうとする人たちにとって正真正銘の課題だ」ダニ・ロドリック(プリンストン高等研究所教授) 「この事実の確立は、政治的議論を変化させる、ノーベル賞級の貢献だ」ローレンス・サマーズ(ハーヴァード大学教授) 「かれの研究が、スマートな人たちを富と所得格差の研究に惹きつけることを望む」ビル・ゲイツ 「情報の豊かさがすばらしい」ロバート・シラー(イェール大学教授)

本文より

「本書の答えは、これまでの研究者が使えたものよりもはるかに広範な、長期的で比較可能なデータに基づいた答えとなっている…格差の根底にある仕組みについて、もっと深い理解を与えてくれるような、新しい理論的な枠組みに基づいたものでもある」「1970年代以来、所得格差は富裕国で大幅に増大した。特にこれは米国に顕著だった。米国では、2000年代における所得の集中は、1910年代の水準に戻ってしまった――それどころか、少し上回るほどになっている」「私の理論における格差拡大の主要な力は、市場の不完全性とは何ら関係ない…その正反対だ。資本市場が完全になればなるほど、資本収益率 r が経済成長率 g を上回る可能性も高まる」「格差の問題を経済分析の核心に戻して、19世紀に提起された問題を考え始める時期はとうに来ているのだ」「あらゆる市民たちは、お金やその計測、それを取り巻く事実とその歴史に、真剣な興味を抱くべきだと思える…数字との取り組みを拒絶したところで、それが最も恵まれない人の利益にかなうことなど、まずあり得ないのだ」

728ページの大著で、厚さ5cmもある。こういう本が売れるとは大したものだ。事実(データ)に基づかない議論は空虚だが、この程度の内容なら「新書」で十分ではないか。「格差」があることは誰でも知っている。日々の生活で実感している。その「格差」をどういう切り口で分析し、具体的にどうすれば良いのかを示さなければ、単なる学術書にすぎない。「格差」には様々な側面がある。私のおすすめは「ルポ貧困大陸アメリカ」(堤未果)である。ここに描かれたような「事実」を踏まえて書かれているのだろうか。この「21世紀の資本」を買った人は、枕にしかならないことを思い知るだろう。肩こり・首こりにならぬことを願う。

 

次回は、本題の STAP細胞問題は、「理系の問題」ではなく、「文系の問題」である について書こう。

 

2015/1/18 一部語句追加修正しました。橙色の部分。(記事の「中核部分」の追加修正ではありません)