読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに

形而上学・倫理学・法哲学・社会学・自然学・美学・その他諸々について書いてみたい幼稚園児のブログです。まあ、しかし焦らずにゆっくりと、気の向くままにいきましょう。

夏の風物詩スペシャル

今年ももうすぐ夏が終わります。特に何ということもなく、季節が移り変っていきます。

特別に悲観することもなく、特別に楽観することもなく……。

 

Canon owner’s gallery に、「夏の風物詩スペシャル」として、8月の作品30点が掲載されていました。

その中から、私が良いと思ったものを、3点紹介します。

これらを見て感じたことを書きとめておきます。

  ・いまこの瞬間における世界の断片

  ・忘却

  ・渦流のリアル

 先日の記事「浴衣と団扇」、「処暑」で、「季節を感じるこころ」についてふれましたが、これらの写真もまた「季節」を感じさせるものであります。

 

f:id:shoyo3:20150824183246j:plain

 作品名                引潮

 作者                    yarey

 作者コメント       杭と影、砂浜の模様の中での人

 

f:id:shoyo3:20150824183329j:plain

 作品名                風船が舞った夏

 作者                    日本髪

 作者コメント       私は、父が投げた風船を追った。弟もそれに続いた。暑い夏が来ると思いだす。そんな記憶に残る夏。

 

f:id:shoyo3:20150824183409j:plain

 作品名                宙(そら)

 作者                    くるくる花火

 作者コメント       三脚に取り付けたカメラを回して花火を撮るようになって随分たつが、比較的初めの頃の作品です。宇宙の彼方を撮りこんだ気分になりました。カメラを回すスピードによって画像が変りますが、それが又面白いものです。