気の向くままに

形而上学・倫理学・法哲学・社会学・自然学・美学・その他諸々について書いてみたい幼稚園児のブログです。まあ、しかし焦らずにゆっくりと、気の向くままにいきましょう。

水俣病(3)  私たちは何処へ行くのか

2014年11月22日─30日、岐阜市民会館で、「水俣・岐阜展」(主催:水俣フォーラム)が開催されました。

その案内チラシに、以下のような写真がのっていました。

f:id:shoyo3:20160407143050j:plain

f:id:shoyo3:20160407143106j:plain

f:id:shoyo3:20160407143117j:plain

http://www.minamata-f.com/minamata-gifu_flyer.pdf

 

小柴一良の写真集「水俣1974-2013」中、次の一枚は秀逸だと思います。

f:id:shoyo3:20160407143203j:plain

http://mainichi.jp/graph/2013/09/12/20130912dde014040057000c/011.html

 

「原爆の図」で有名な日本画家、丸木位里丸木俊の作品に、「水俣の図」があります。

f:id:shoyo3:20160407143235j:plain

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3d/63/67651c2e476979bf1f87c249678fdf36.jpg

 

f:id:shoyo3:20160407143300j:plain

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/n/niigata-art226/20091123/20091123160124.jpg

 

この丸木の絵には圧倒されますね。患者の苦悩を見事に描いていると思います。

小柴の写真もそうですが、「人間」を描くとは、こういうことなのでしょうか。

 

過去に起きた事件の写真や絵ではなく、現在の、そして将来の写真や絵でもありうるとしてみることが必要でしょう。

 

 (つづく)