気の向くままに

形而上学・倫理学・法哲学・社会学・自然学・美学・その他諸々について書いてみたい幼稚園児のブログです。まあ、しかし焦らずにゆっくりと、気の向くままにいきましょう。

気になるアート(2) モニカ・ソスノフスカ(Monika Sosnowska)

 1972年ポーランド生まれ。ワルシャワ在住。ボズナン美術大学アムステルダムのライクスアカデミーで学ぶ。第52回ヴェネツィアビエンナーレ(2007年)のポーランド館代表。主な個展に「Monika Sosnowska」(サーペンタイン・ギャラリー・ロンドン:2004年)、「Projects 83」(ニューヨーク近代美術館:2006年)、「1:1」(シャウラガー美術館、バーゼル:2008年)、「The Staircase」(ヘルツリーヤ現代美術館、イスラエル:2010年)、「Regional Modernities」(オーストラリア現代美術センター、メルボルン:2013年)など。

ソスノフスカは、社会主義のもとで権力の象徴を意味した当時の建築や、公共の施設などが壊されていく様を日常生活の中で、目の当たりにしてきた。かつてのユートピア的な意味を失って脱機能化し、崩壊と放棄の過程を辿りながら、新しい建築へと移りゆく姿を、その建築の壁、階段、ファサード、窓、廊下などのディテールを断片的に取り出し、造形をユニークな彫刻としての言語に置き換えている。

https://www.wwdjapan.com/fashion/2015/01/20/00015110.html

 

f:id:shoyo3:20160602162218j:plain

http://www.capitainpetzel.de/wp-content/uploads/2014/02/2_MSOSNOWSKA-Installation-view_1.jpg

 

天上に連なる単螺旋は、崩れ落ちているのか

 

f:id:shoyo3:20160602162252j:plain

http://magazynszum.pl/wp-content/uploads/2015/12/SZUM-20151227-19-01.jpg

 

内部空間のこの不安定さ … 現に存立している  いかにして?