浮動点から世界を見つめる

井蛙には以って海を語るべからず、夏虫には以て冰を語るべからず、曲士には以て道を語るべからず

2016-03-20から1日間の記事一覧

法の射程と限界(3) パターナリズム 覚醒剤と煙草

平野・亀本・服部『法哲学』(11) 服部は、人々の自由への正当な干渉の形態として、次の4つを挙げている。 危害原理…ある行動が他者に害を与えるようなものであった場合、その行動は法によって制限される。 法による道徳の強制(リーガル・モラリズム)……