気の向くままに

井蛙は以って海を語るべからず、夏虫は以て冰を語るべからず、曲士は以て道を語るべからず

2016-05-14から1日間の記事一覧

生命倫理学(2) 「障害児」であっても、産むべきなのか?

加藤尚武『現代倫理学入門』(9) 生命倫理学は何を問題にしているのか。それは、「人工妊娠中絶、重度障害児の出生直後の安楽死(または治療停止)、苦痛回避のための安楽死、脳死者からの臓器摘出」といった問題である。こういう問題を考えているから「生…