浮動点から世界を見つめる

井蛙には以って海を語るべからず、夏虫には以て冰を語るべからず、曲士には以て道を語るべからず

ジュディエスター(Judyesther)(2)

YYJT(28) 以前(2018/6/14)、ジュディエスター(Judyesther)をとりあげたので、今回は2回目です。 Judyesther(ペンネーム)は、ブタペスト在住の作曲家です。ホームページ(https://www.judyesther.com/)を参照ください。 彼女の穏やかで優しい曲は、自然…

COVID-19:鳥の目、虫の目、魚の目、心の目

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(15) (COVID-19にのみ注目する)一点集中ではわからないことがある。今回のコロナ騒動でそのことを痛感する。 ■正しく恐れる ■冷静な頭脳と温かい心 私はかって別のところで、 ■鳥の目、虫の目、魚の…

「相対主義」の些か退屈な分類学的議論

井上達夫『共生の作法-会話としての正義-』(4) 井上は、「正義」に対して嫌悪を抱くような感情の3つの要因を挙げていた。 「正義よりも平和を」というスローガンに要約される発想。 正義に関するあらゆる思弁は、その本質において、支配階級のそれを代…

COVID-19:災難にあう時節には災難にあうがよく候。死ぬる時節には死ぬがよく候。これは災難をのがるる妙法にて候(良寛)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(14) そろそろ「総括」を始めてもよい時期かもしれない。「有識者」により、すぐれた論考が出てくるだろう。 ■正しく恐れる ■冷静な頭脳と温かい心 現時点で、今後のために考えておかなければならない…

「経済財政運営と改革の基本方針」について

神野直彦『財政学』(16) 今回は、第9章 予算過程の論理と実態 の続きである。予算過程は、(1)編成過程(立案過程と決定過程)、(2)執行過程、(3)決算過程に区分される。 第1段階は、毎年6~7月に出される「経済財政運営と改革の基本方針」(上図右上)…

COVID-19:人を見たらコロナ患者と思え!? (「PCR検査」再論)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(13) 「PCR検査が不十分」という批判は、メディアのみならず、「政治家」や一部の「専門家」の間にもあるようだ。 私は前々回の記事でPCR検査についてふれたが、読み返してみるとどうも不十分で、説得…

国会議員は、全国民を代表しているか?

浦部法穂『全訂 憲法学教室』(3) 今回は、第7章 国民主権 第4節 国会 1国会の地位と性格 の続き(p.520~)である。 国会議員は、その選挙区の代表(地元の利害の代弁者)ではなく、全国民の代表である。 選出母体の意思・指令に拘束されないという意味…

COVID-19:自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(12) ■正しく恐れる ■冷静な頭脳と温かい心 (A) COVID-19は、(新型かもしれないが)一つの感染症に過ぎないのだから、緊急事態宣言など出さずに、粛々と対策を講じれば良いものを、どこで間違ったか、…

5人以上が見上げていると、通りがかった人の8割以上が同じ行動をとる

山岸俊男監修『社会心理学』(4) 今回は、第2章 社会心理学の歴史的な実験 のうち、「同調実験」である。「同調」については、第5章で説明があるので、そこで詳しく見ることにして、ここではごく簡単にコメントするにとどめたい。 本書の説明では、「同…

COVID-19:「PCR検査を拡充すべき」というマスコミなどの誤った主張について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(11) 久しぶりのコロナ記事です。コロナでダウンしていたわけではありません。 コロナの議論は多岐にわたり、限られた時間の中で、膨大な情報のなかから、何が正しい(妥当)かを判断し、何を優先的に…

アノニマスデザイン

デザイン(9) Shelf Bull bench youtu.be Fiore, Tables UNVEIL http://naotofukasawa.com/ より、ほんの一部を紹介。

働く高齢者

香取照幸『教養としての社会保障』(12) 今回も、第4章 変調する社会・経済 第2節 人口オーナスとライフスタイルの変化 の続き(p.109~)である。 ライフスタイルの変化 少子高齢化は、高齢人口が増加し、生産年齢人口が減少することを意味する。香取…

COVID-19:メディアが不安を煽っている 報道災害か?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(10) 今回のタイトルは、「メディアが不安を煽っている 報道災害か?」です。医療危機と経済危機は、メディアが不安を煽った結果としての「報道災害」(と報道に影響された政策対応の誤り)ではないか…

COVID-19:ICTの活用、休業補償、生活支援について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(9) 今回もCOVID-19についてメモしておこう。 <正しく恐れる> <冷静な頭脳と温かい心> 1.ICTの活用 *1 2020/4/4の記事、COVID-19:「行動監視」か「セキュリティソフト」か? で書いたICT活用に…

COVID-19:世界の死者数10万人を超す

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(8) 「緊急事態宣言」は、感染地域からの入国・帰国者の検査、行動自粛・追跡の不徹底が原因であると思うが、ことここに至っては、それらをさておき、いま何をなすべきかを考えなければならない。素人の…

COVID-19:「都市封鎖」の可能性は?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(7) 今回は、「緊急経済対策」(生活保障、営業自粛要請と休業補償等)について書く予定でしたが、順序を変更して、私の勤務先の取引先(以下、A社と呼ぶ)が実施しているコロナ対策の一部を紹介します…

非競争的な文化

アルフィ・コーン『競争社会をこえて』(11) 今回は、第2章 競争は避けられないものなのだろうか 第6節 不可避性をめぐる心理学の議論 の続き(p.69~)である。 ジェローム・ケーガンは次のように述べている。…「とうもろこし畑で、8歳の息子にトウモ…

COVID-19:「行動監視」か「セキュリティソフト」か?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(6) 「COVID-19」に関する過去記事のタイトル変更でモレがありましたので追加します。 2020/03/06 COVID-19:マスクが品薄にならない方法 ←(COVID-19予防)マスクが品薄にならない方法 あわせて、サブ…

ドリーシュの「新生気論」

山口裕之『ひとは生命をどのように理解してきたか』(19) 今回は、第2章 生物学の成立構造 第2節 「生物学」の登場 の続きで、「生気論」についてである。 但し、本書ではなく、池田光穂と米本昌平の解説を読むことにする。 生気論を、オカルトあるいは…

COVID-19:「正しく恐れる」ことの難しさ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(5) 「COVID-19」に関する過去記事のタイトルを、以下のように変更します。 2020/3/13 COVID-19:特措法、東京オリンピック他 ← 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ 2020/3/21 COVID-19…

COVID-19:首都封鎖、配給制度と行動監視

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(4) 今回は「首都封鎖」に関連して、「配給制度」と「行動監視」について、少し考えてみたい。 1.配給制度 配給制度とは、前回紹介したように shoyo3.hatenablog.com 太平洋戦争が開戦する直前の1941(…

生殖医療技術を概観する

立岩真也『私的所有論』(29) 今回は、第4章 他者 第5節 生殖技術について である。 私の関心は、倫理・社会問題としての生殖技術(生命操作、遺伝子操作)であるが、それを議論する前に、生殖技術に関する基礎知識が必要である。 これまでの生殖技術に…

COVID-19:自由と統制、自助・共助・公助

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(3) 新型コロナウイルス感染症(Coronavirus Disease 2019)に関するメモ(その2)です。 提言でも何でもなく、今後こういうことを検討しなければならないのかなという(素人の)メモです。 1.自由と…

「ワインレッドの心」4選

「ワインレッドの心」は、安全地帯の4枚目のシングル。第26回日本レコード大賞・金賞(1984年)。作詞:井上陽水、作曲:玉置浩二。 1.ATSUSHI × 安全地帯…ATSUSHIは、EXILEのボーカル。 2.布施明…往年の実力派歌手。1947年12月生まれ。現役(?)。 3…

「ルサンチマン」と評論しない

井上達夫『共生の作法-会話としての正義-』(3) 井上は、「正義」に対して嫌悪を抱くような感情の3つの要因を挙げていた。 「正義よりも平和を」というスローガンに要約される発想。 正義に関するあらゆる思弁は、その本質において、支配階級のそれを代…

「官僚主導」から「官邸主導」の予算編成へ

神野直彦『財政学』(15) 今回は、第9章 予算過程の論理と実態 の続きである。本書は、予算過程を、(1)編成過程(立案過程と決定過程)、(2)執行過程、(3)決算過程に区分している。 予算編成過程については、サイト「ミラサポ」の「予算編成のプロセス」…

COVID-19:特措法、東京オリンピック他

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(2) このところ、新型コロナウイルス感染症(Coronavirus Disease 2019)が話題にならない日はない。 論点は多々あるだろうが、私が気になった点をメモしておく(順不同…重要度の順番ではない)。詳論は…

国会 - 事務方の猿芝居

「桜を見る会」問題(8) 本ブログでは、「桜を見る会」問題をきっかけに、(1)政治家の資質、(2)国家公務員の資質、(3)立法と行政の関係を考えようとしている*1。従い、「桜を見る会」問題とは異なる話題を取り上げることもある。 まず、次の動画を見て下さ…

討論の広場-議会と議員の活動原則

浦部法穂『全訂 憲法学教室』(2) 今回は、第7章 国民主権 第4節 国会 1国会の地位と性格 の続きの予定でしたが、関連の話題として、「議会と議員の活動原則」についてとりあげることにします。 国会の他、各種組織において、会議や打合せ等による「意思…

COVID-19:マスクが品薄にならない方法

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(1) いささか騒ぎ過ぎではないかとも思うのだが*1、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の話題ばかりである。 どこのドラッグストアに行っても、マスクは売り切れで、入荷は未定だという。 WHOは、マ…