浮動点から世界を見つめる

井蛙には以って海を語るべからず、夏虫には以て冰を語るべからず、曲士には以て道を語るべからず

「見慣れた光景」から「見慣れない光景」へ

f:id:shoyo3:20150307112956j:plain

http://photozou.jp/photo/show/116537/156561346 

 

水がきれいですね。グリーンが自然です。

いまどきこんな風景が見られるとは…。

 

この写真をじっと見ていると

私たちは利便さと引き換えに

大事なものを失ってきたような気がしてなりません。

 

いつの時代もそうかもしれません。

純粋なこころは、大人になれば消えていく…。

そして風景が消えていく。

 

でも、この「見慣れない光景」が

どこかに残っているということは

そしてこの光景をきちんと切り取っている人がいるということは

希望があるということです。