浮動点から世界を見つめる

井蛙には以って海を語るべからず、夏虫には以て冰を語るべからず、曲士には以て道を語るべからず

演歌 - 艶歌/怨歌/炎歌/娟歌

YYJT(31)

たまには、艶歌/怨歌/炎歌/娟歌を聴いてみましょう。

・艶…あでやか/なまめかしい/色っぽく美しい。

・怨…(男と別れて、何かを)怨む。

・炎…心(情念)の炎が燃え上がる。

・娟…しなやか(軽やかに身をくねらせる)/あでやか。

 

1.満ち潮/川野夏美


 

2.オホーツク海岸/川野夏美


 

3.別離の切符/丘みどり


 

4.風の寺/丘みどり

 

f:id:shoyo3:20200915135743j:plain

 

5.愛はさりげなく/五十川ゆき

 

f:id:shoyo3:20200915135809j:plain

 

6.涙のつづき/五十川ゆき

 

f:id:shoyo3:20200915135831j:plain