気の向くままに

井蛙は以って海を語るべからず、夏虫は以て冰を語るべからず、曲士は以て道を語るべからず

2016-01-24から1日間の記事一覧

社会国家の変容(4) 生の偶然性と社会的連帯

齋藤純一『公共性』(14) 今回は「人間の安全保障」(Human Security)について、詳しくみていこうと思っていたのだが、別の記事で書くことにし、第4節の「社会的連帯の再生をめぐって」に進むことにする。 斎藤は、社会国家がこの20年ほどの間に(本書…