気の向くままに

井蛙は以って海を語るべからず、夏虫は以て冰を語るべからず、曲士は以て道を語るべからず

28歳テイラー・スウィフトの政治的影響力

今回は、第6章 市民社会と国民国家 第1節 「公」と「私」 である。…最初の二つは内容が無いので、そこを飛ばして、フェミニズムの項だけ見てもらっても構わない。トランプ大統領、テイラー・スウィフト、安倍首相、綾瀬はるか、石原さとみ

「読書ノート」で取り上げた本とその評価

これまで取り上げた本とその評価を書いていくことにします。 評価といっても、全くの主観的評価であり、あまり参考にしないでください。 評価は10点評価とします。最高10点、最低1点です。 なお、この記事は、随時更新します。(初出:2016/8/21、最新…

かたちの変換 トムソン(デカルト変換) 杉浦康平(時間のヒエラルキー)

デザイン(1) 森羅万象およそ「かたち」と称されるものは、生成、変容、消滅するもののように思える。それを「デザイン」のカテゴリーで語ることは一興であろう。 かたちの変換 デフォルメ―ションとも言われる「かたち」の変形・変換の代表的な手法には、…

形の知覚 エッシャーの「昼と夜」 ゲシュタルトの法則 「ブルータリズム」のウェブデザイン

長谷川寿一他『はじめて出会う心理学(改訂版)』(17) 今回は、第11章 知覚 の「形の知覚」である。 例えば、次の絵を見て下さい。 Allison Stewart, Paysage 3, oil and mixed media on canvas, 48 x 36" https://www.houzz.jp/projects/2572255 これを…

私の居場所がない 社会的排除と包摂

格差社会(9) 阿部彩『弱者の居場所がない社会-貧困・格差と社会的包摂』の第3章 「つながり」「役割」「居場所」をとりあげよう。 社会的排除 人の生には、金銭的・物質的な指標では測れない、「質の問題」があることも事実である。ある程度の水準の金銭…

<「Aとも言えるが Bとも言える」は、何も考えていないだけ>なのだろうか?

たまたま、<「Aとも言えるが Bとも言える」は、何も考えていないだけ。>という記事が目に入ったので、これについて少し考えてみよう。 ブロガーの「ちきりん」さん(以下、Yと呼ぶ*1)が、こんなことを言っているらしい。検索してみたら、<「Aともいえる…

ヒトゲノムの完全解読 その後は?

山口裕之『ひとは生命をどのように理解してきたか』(1) 今回から、『ひとは生命をどのように理解してきたか』を読むことにする。本書の構成は、 序章 生物学と哲学 第1章 生命科学の急発展と「遺伝子」概念の揺らぎ 第2章 生物学の成立構造 第3章 二つの…

Helene Fischer、Isgaard、Katherine Jenkins、五輪真弓

YYJT(15) 1.The Power Of Love/Helene Fischer The Power Of Love - Helene Fischer (with lyrics) 2.Liebe dich/Isgaard Schiller Ein schoner tag Live mit Isgaard 3.Home/Katherine Jenkins Katherine Jenkins - Home 4.恋人よ/五輪真弓 이…

生殖医療技術と生命倫理 夫のものではない精子、妻のものではない卵子を使って子どもを持ちますか?

立岩真也『私的所有論』(11) 第3章 批判はどこまで行けているか は、人工授精・体外受精等の生殖技術への批判の言説を検討している。前回は、その内容をみる前の予備知識の収集で終わった。立岩は、このテーマを「私的所有・自己決定、市場への境界設定…

デモクラシーとは何か?

平野・亀本・服部『法哲学』(50) 今回は、第6章 法哲学の現代的課題 第1節 デモクラシーとは何か である。 「デモクラシー」という言葉の原義は、「民衆による支配」である。デモクラシーという言葉は、その制度面に着目するときは「民主制」と訳され、…

目に見えない権力 パノプティコン

久米郁男他『政治学』(11) 今回は、第5章 国家と権力 第3節 権力をめぐる諸理論 である。*1 どのような国家観をとるにせよ、政治の問題を考える上で、権力の問題は、議論の中心的な位置を占めざるを得ない。しかしながら、権力とは何か、ということを巡…

千住博 美を生きる

千住博(1958-)の『ウォーターフォール』は、1995年のヴェネツィア・ビエンナーレで名誉賞を受賞した。次のような作品である。(以下、画像はすべて、公式サイトより。http://www.hiroshisenju.com/) THE 46TH VENICE BIENNALE 1995 Venice, Italy http://…

ブログのデザインを変更しました

このブログをはじめて4年間ほど同じデザインを使ってきましたが、やや不満な点がありデザイン変更してみました。実際には、「はてなブログ」が用意してくれているテーマの適用を変更し*1、ほんの少しカスタマイズしたという程度ですが…。(カスタマイズとい…

幸せホルモン アタッチメント理論 皮膚感覚の身体化認知

長谷川寿一他『はじめて出会う心理学(改訂版)』(16) 今回は、第10章 感覚 のうち、「皮膚感覚」である。 皮膚感覚は、全身の皮膚に感覚点が点在していて、そこにある受容器に接触する刺激があると、神経の信号として脳に伝えられることにより生じます…

いくらお金があれば、「健康で文化的な最低限度の生活」を送れるのか?

格差社会(8) 前回の記事(ケンカツ(健康で文化的な最低限度の生活)、「ふつうの生活」)の続きです。 「健康で文化的な最低限度の生活」を保障する生活保護の基準が、来年2019年度より見直される。生活保護の中核となる「生活扶助」*1が、67%の世帯で…

生きているとはどういうことか? もう一度根元的な問いを問い直すこと

木下清一郎『心の起源』(27) 第6章(最終章)は、「心の未来はどうなるか」である。 [前章までで]ひとまずの結果は得られたとして、筆を止めても良いのかもしれない。しかし、心の世界についてはなお気がかりなことが残っている。それは例えば、心の世…

フィオナ・ジョイ・ホーキンズ(Fiona Joy Hawkins)

YYJT(14) 目を瞑り、まわりの風景や雑音を遮断して、聴いてみてください。Fionaのピュアな音の世界が広がります。 http://www.fionajoy.com/mediareviews/90-sydney-morning-herald.html 1.A Winter Morning www.youtube.com 2.Crystalized Love www.youtube…

不妊治療 生命倫理

立岩真也『私的所有論』(10) 今回は、第3章 批判はどこまで行けているか 第1節 自己決定の条件 である。本章のタイトルにある「批判」とは、「生殖技術(特に代理出産)に対する(倫理的)批判」である。第1節は、この批判を「自己決定」の観点から検…

法と経済学 コースの定理

平野・亀本・服部『法哲学』(49) 今回は、第5章 法的思考 第3節 法的思考と経済学的思考 である。 「法と経済学」または「法の経済分析」と呼ばれる法アプローチは、法と経済のかかわりを説くというよりも、法学の内部に経済学的思考を導入しようとする…

強行採決で成立した法令は遵守する必要がない !?

久米郁男他『政治学』(10) 今回は、第5章 国家と権力 第2節 近代国家とその正統化原理 である。 2013年以降、強行採決が以下の通り行われた。(Wikipedia) 特定秘密保護法(2013年) 安全保障関連法案(2015年) TPP承認案、関連法案(2016年) 介護保険…

エレクトリックバイオリン ヤマハのデザイン哲学

柏木博『デザインの教科書』(8) 前回までの色彩学の話はいったん中断し、別途あらためて再開することにしたい。 また本書の読書ノートも、本書の内容が私の期待するものとは異なったので、終了する。 では私の期待するものとは何であったか。 -----------…

におい(匂い、臭い)③ スメルハラスメント(スメハラ)

長谷川寿一他『はじめて出会う心理学(改訂版)』(15) 化粧品会社マンダムの調査によると、職場の「嫌だ」と感じるニオイは、1位は「体臭」で64.9%、続いて「口臭」59.3%、「タバコのニオイ」55.5%である。(2017/5/25、https://www.mandom.co.jp/releas…

におい(匂い、臭い)②  若い女性の「甘い香り」

長谷川寿一他『はじめて出会う心理学(改訂版)』(14) ロート製薬の研究によると、女性には、若い頃特有の甘い香りが存在し、それは年齢とともに減少し、曲り角は35歳付近にあり、その正体は、ラクトンC10/ラクトンC11という成分であるという。(https:…

におい(匂い、臭い)① 納豆 シュールストレミング

長谷川寿一他『はじめて出会う心理学(改訂版)』(13) 今回は、第10章 感覚 のうち、「におい」である。本書の説明は9行ほどあるが、全く面白くないので、テキストを、東原和成の「あなたの知らない「匂い」の力-食事から恋愛まで、嗅覚から見るよりよ…

入院生活 人の優しさ

先日、腰痛に関する記事を書いて数日後の夜、トイレに行こうと体を動かそうとした瞬間、腰に激痛が走り、全く身動きできないことに気づいた。幸い隣に妻が寝ていたので、救急車を呼んでもらった*1(一人で寝る時は、携帯など外部との連絡手段を確保している…

プラシーボ効果 現代の国民病「腰痛・肩こり」は、治療できません

私は、基本的に自分語りをしない方針なのですが、今回は自分語りから話を始めます。 先日、咳をしたとき、腰を痛めてしまいました(以前、ぎっくり腰になったこともあります)。長年のデスクワーク(姿勢の悪さ)による疲労が閾値を超えたものではないかと思…

ケンカツ(健康で文化的な最低限度の生活)、「ふつうの生活」

格差社会(7) 先週より、生活保護をテーマにしたドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)が始まった。 日本国憲法第25条 第1項 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。 第2項 国は、すべての生活部面につい…

心の世界 入れ子 壺中の天

木下清一郎『心の起源』(26) 今回は、第5章 心の世界を覗きみる 第6節「心は一つの世界をなしている」である。 「生物世界」と「心の世界」が、次のように対比されている。 生物世界 心の世界 特異点 核酸の出現 統覚の出現 基本要素 遺伝子 表象 基本…

人生いろいろ(男性歌手特集)

YYJT(13) 1.Not The Same Dreams Anymore/Oscar Benton www.youtube.com 2.Kill the Pain/Accept (painter:Pier Toffoletti) www.youtube.com 3.Googoosha/Maxim Fadeev www.youtube.com 4.Cuarto de la banda/The Sexican www.youtube.com 5…

私的所有の無根拠と根拠

立岩真也『私的所有論』(9) 本章(第2章)で、立岩が言わんとしていたことは何か。 何がある人のもとにあるものとして、決定できるものとして、取得できるものとして、譲渡できるもの、交換できるものとしてあるのか、またないのか。そしてそれはなぜか。…