浮動点から世界を見つめる

井蛙には以って海を語るべからず、夏虫には以て冰を語るべからず、曲士には以て道を語るべからず

COVID-19:Q&A(2)- 思考停止していませんか?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(43) Q&A[素人の自問自答]の2回目です。マスメディアの報道(及び報道されないこと)を冷静に受け止め、考えてみましょう。 今回のタイトルは「思考停止していませんか?」です。「思考停止」とは…

国会議員はいったい何をしているのだろうか?

浦部法穂『全訂 憲法学教室』(7) 今回は、第7章 国民主権 第4節 国会 2国会の構成と活動 の続き(p.534~) である。 私は、以前から国会議員はいったい何をしているのだろうかという疑問を持っている。マスメディアは選挙の時だけ大々的に報道するが、…

COVID-19:Q&A(1)- 雑な議論を克服しよう 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(42) 前回の記事で、感染者数の波のみを見て、あれこれ言うのは雑な議論だと言ったが、それは以下のように考えるからです。(今回は、趣向を変えて、Q&A[素人の自問自答]のかたちで書いてみます。…

COVID-19:新型コロナ、第3波の到来か?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(41) 新規感染者が過去最大を更新し、またぞろ第3波だ、大流行の兆しだ、との大合唱である。マスメディアだけではない。「メディアに登場する感染症専門家・医師」や「地方の首長」や「医師会のトップ…

泥棒洞窟実験

山岸俊男監修『社会心理学』(8) 今回は、第2章 社会心理学の歴史的な実験 のうち「泥棒洞窟実験」をとりあげる。 この「泥棒洞窟」というのは「釣りタイトル」のようだ。そこで、「釣り」に引っかかり、「泥棒洞窟」についてまず見ておこう。 ロバーズ・…

「自由な」タンゴ 踊れなくてはダメ? 

リベルタンゴ(Libertango)(1974年)は、アルゼンチンの作曲家、バンドネオン奏者であるアストル・ピアソラ(1921-1992)作曲のタンゴの楽曲。 元来タンゴは踊りのための伴奏音楽であり、強いリズム性とセンチメンタルなメロディをもつ展開の分かりやすい…

「相対的貧困率」は、貧困の指標ではない。格差の指標?

香取照幸『教養としての社会保障』(16) 今回は、第4章 変調する社会・経済 第4節 長期不況・デフレのインパクト-格差社会の出現 の続きである。 香取は、以下のようなこと述べている。 90年代後半、物価上昇率がマイナス(デフレ)に転じてからは、賃…

弁護士、学校教育、モチベーション

アルフィ・コーン『競争社会をこえて』(15) 今回は、第3章 競争はより生産的なものなのだろうか-協働の報酬 第2節 競争がなにもならないものだという説明 の続き(p.94~)である。 弁護士という商売 テレビドラマ『SUITS/スーツ』(Season1:2018年、S…

遺伝子の量子力学的モデル

山口裕之『ひとは生命をどのように理解してきたか』(23) 今回は、第3章 二つの遺伝子 第2節 分子生物学における遺伝子概念の展開(p.121~)である。 分子生物学の登場と量子力学 分子生物学の成立は、遺伝子の物質的実体を探求するという20世紀初頭以…

線引き問題

立岩真也『私的所有論』(33) 今回から、第5章 線引き問題という問題 である。 立岩の言う「線引き問題」とは何だろうか。それは「自己」と「他者」の線引き、「奪ってはならない存在」(処分してはならない存在)と「奪っても良い存在」(処分して良い…

COVID-19:ウイルス1個では感染しないよ! - 「PCR検査陽性で隔離する」ということについて(2)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(40) 前回、PCR検査のCT値と増幅曲線について概観した。今回は理解不十分なところをもう少し詳しく見ていこうと思っていたが、それは後回しにして、何故これ(PCR検査-CT値)を問題にするのかを先にメ…

ファッション

数あるYouTube動画のなかから、ちょっと気になった作品3点をとりあげます。 以下は、各動画からのスクリーンショットです。 Bekas Maria - Once in the street (Nino Takamadze Cover) https://www.youtube.com/watch?v=M_QROus6Kdo Nargiz - Unloved daugh…

可能的読者の反論…「それで?」

井上達夫『共生の作法-会話としての正義-』(7) 今回は、第1章 正義論は可能か 第4節 相対主義 の続き(p.20~)と第5節 「それで?」である。 第4節の続き(非認識説)はパスして、第5節 「それで?」を読んでもいいだろう。 非認識説 価値相対主義の…

COVID-19:「PCR検査陽性で隔離する」ということについて(1)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(39) COVID-19は、世界の政治、経済、社会、文化全般に大きな影響を与え続けている。 そして、新型コロナウイルスに感染したかどうかは、主としてPCR検査で判定される(他の検査もあるが)。 はじめに…

予算過程と財政民主主義

神野直彦『財政学』(19) 今回は、第9章 予算過程の論理と実態 の続き(P127~)である。 あらためて予算編成過程を概観しておこう。 月 項目 R2(2020) 年度予算 R3(2021) 年度予算 6~7月 経済財政運営と改革の基本方針(閣議決定)* 2019/06/21 2020/07…

COVID-19:世界の状況とGIGO

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(38) 世界全体の累計死者数が100万人を超えた現在の状況は下図のとおりである。 横軸は「累計死者数」。縦軸は「7日移動平均の死者数」である。(対数表示) アメリカ、インド、フランス、スウェー…

比例代表制 ドント方式とは?

浦部法穂『全訂 憲法学教室』(6) 今回は、第7章 国民主権 第4節 国会 2国会の構成と活動(p.529~) である。 国会の構成 浦部は、二院制について、次のように述べている。 日本国憲法における二院制の存在理由は、審議の慎重を期すということと、民意の…

COVID-19:死者100万人を超える、ハエを殺すのにハンマーを振り下ろす(テグネル)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(37) 世界全体の累計死者数が100万人を超えるのは時間の問題である。マスメディアはどのような報道をすることやら……。 今回は、国別の死者数のデータをみておこう。Our World in Data のサイト (ht…

パワハラと「根本的な帰属の誤り」

山岸俊男監修『社会心理学』(7) 今回は、第2章 社会心理学の歴史的な実験 のうち「基本的な帰属のエラー実験」をとりあげる。*1 「基本的な帰属のエラー」とは何か? 人がある行動[例えば暴力行為]をとったときに、なぜそうした行動をとったのか原因を…

COVID-19: バイラル イミュノロジー(viral immunology)-ウイルスと免疫-

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(36) 今回は、分子ウイルス学・免疫学研究者である峰宗太郎氏へのインタビュー記事(日経BP、2020年9月16日、「新型コロナ、「ワクチン接種」の議論が始まる前にぜひ知っておきたいこと」)を読むこと…

「自助・共助・公助」 - それは違うでしょう

香取照幸『教養としての社会保障』(15) 菅義偉首相は、就任記者会見(2020/9/16)の最後のほうで、次のように述べていた。 私が目指す社会像、それは、自助・共助・公助、そして絆であります。まずは自分でやってみる。そして家族、地域でお互いに助け合…

演歌 - 艶歌/怨歌/炎歌/娟歌

YYJT(31) たまには、艶歌/怨歌/炎歌/娟歌を聴いてみましょう。 ・艶…あでやか/なまめかしい/色っぽく美しい。 ・怨…(男と別れて、何かを)怨む。 ・炎…心(情念)の炎が燃え上がる。 ・娟…しなやか(軽やかに身をくねらせる)/あでやか。 1.満ち潮…

創造型あるいは合意形成型のディベート

アルフィ・コーン『競争社会をこえて』(14) 今回は、第3章 競争はより生産的なものなのだろうか-協働の報酬 第2節 競争がなにもならないものだという説明(p.91~)である。 課題をやり遂げることと、競争相手を打ち負かすこととは違う。これが競争が何…

COVID-19:「新型コロナで死ぬ」とはどういうことか?(3)- 「肺炎で死ぬ」のではないのか?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(35) COVID-19は重症化すると、人工呼吸器が必要となり、肺炎で死ぬリスクが高くなるという。この表現に違和感を覚えないだろうか。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)という病気と肺炎という病気は…

「遺伝子」とは何か?

山口裕之『ひとは生命をどのように理解してきたか』(22) 今回は、第3章 二つの遺伝子 第1節 「遺伝子」概念の登場 (p.116~)である。 メンデルにおける遺伝子概念*1 メンデルは、遺伝現象の原因となる「原基」を仮定した。 メンデルの言う「原基(遺…

COVID-19:「新型コロナで死ぬ」とはどういうことか?(2)- 死亡診断書

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(34) 以前(2020/7/16)にあげた数表を再掲する。 「令和元年年(2019) 人口動態統計月報年計(概数)の概況」(厚労省)より この数字は、市区町村が、「出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の届書」に基づ…

COVID-19:「新型コロナで死ぬ」とはどういうことか?(1)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(33) まず、死者数の推移をみておこう*1。(厚労省の「新型コロナウイルス感染症の国内発生動向」の「年齢階級別死亡数」のグラフ数字から作成) 年齢階級別死者数(週別・新規) 週別にみた死者数は漸…

私の父親は誰?

立岩真也『私的所有論』(32) 今回は、第4章 他者 第5節 生殖技術について 第3項 偶然生まれる権利 である。「偶然生まれる権利」とはどういう意味か不明であるが、生殖技術で生まれた「子どもの立場」から何が言えるのかについて述べられているようであ…

I LOVE YOU 夏の芸術祭2020 次代を担う若手作家作品展

日本橋三越本店で、時代と向き合い「I LOVE YOU」を表現した91名の若手作家の作品展が開催された(2020/8/12~17)。(https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/shops/art/art/shopnews_list/shopnews0272.html) 日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長…

COVID-19:「敗血症」(感染症の一種)による死者は、毎年1万人以上である

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(32) 今回もまずは、死者数の推移をみておこう。(厚労省の「新型コロナウイルス感染症の国内発生動向」の「年齢階級別死亡数」のグラフ数字から作成) 年齢階級別死者数(週別・新規) 7月中旬から、…