浮動点から世界を見つめる

井蛙には以って海を語るべからず、夏虫には以て冰を語るべからず、曲士には以て道を語るべからず

COVID-19: バイラル イミュノロジー(viral immunology)-ウイルスと免疫-

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(36) 今回は、分子ウイルス学・免疫学研究者である峰宗太郎氏へのインタビュー記事(日経BP、2020年9月16日、「新型コロナ、「ワクチン接種」の議論が始まる前にぜひ知っておきたいこと」)を読むこと…

「自助・共助・公助」 - それは違うでしょう

香取照幸『教養としての社会保障』(15) 菅義偉首相は、就任記者会見(2020/9/16)の最後のほうで、次のように述べていた。 私が目指す社会像、それは、自助・共助・公助、そして絆であります。まずは自分でやってみる。そして家族、地域でお互いに助け合…

演歌 - 艶歌/怨歌/炎歌/娟歌

YYJT(31) たまには、艶歌/怨歌/炎歌/娟歌を聴いてみましょう。 ・艶…あでやか/なまめかしい/色っぽく美しい。 ・怨…(男と別れて、何かを)怨む。 ・炎…心(情念)の炎が燃え上がる。 ・娟…しなやか(軽やかに身をくねらせる)/あでやか。 1.満ち潮…

創造型あるいは合意形成型のディベート

アルフィ・コーン『競争社会をこえて』(14) 今回は、第3章 競争はより生産的なものなのだろうか-協働の報酬 第2節 競争がなにもならないものだという説明(p.91~)である。 課題をやり遂げることと、競争相手を打ち負かすこととは違う。これが競争が何…

COVID-19:「新型コロナで死ぬ」とはどういうことか?(3)- 「肺炎で死ぬ」のではないのか?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(35) COVID-19は重症化すると、人工呼吸器が必要となり、肺炎で死ぬリスクが高くなるという。この表現に違和感を覚えないだろうか。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)という病気と肺炎という病気は…

「遺伝子」とは何か?

山口裕之『ひとは生命をどのように理解してきたか』(22) 今回は、第3章 二つの遺伝子 第1節 「遺伝子」概念の登場 (p.116~)である。 メンデルにおける遺伝子概念*1 メンデルは、遺伝現象の原因となる「原基」を仮定した。 メンデルの言う「原基(遺…

COVID-19:「新型コロナで死ぬ」とはどういうことか?(2)- 死亡診断書

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(34) 以前(2020/7/16)にあげた数表を再掲する。 「令和元年年(2019) 人口動態統計月報年計(概数)の概況」(厚労省)より この数字は、市区町村が、「出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の届書」に基づ…

COVID-19:「新型コロナで死ぬ」とはどういうことか?(1)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(33) まず、死者数の推移をみておこう*1。(厚労省の「新型コロナウイルス感染症の国内発生動向」の「年齢階級別死亡数」のグラフ数字から作成) 年齢階級別死者数(週別・新規) 週別にみた死者数は漸…

私の父親は誰?

立岩真也『私的所有論』(32) 今回は、第4章 他者 第5節 生殖技術について 第3項 偶然生まれる権利 である。「偶然生まれる権利」とはどういう意味か不明であるが、生殖技術で生まれた「子どもの立場」から何が言えるのかについて述べられているようであ…

I LOVE YOU 夏の芸術祭2020 次代を担う若手作家作品展

日本橋三越本店で、時代と向き合い「I LOVE YOU」を表現した91名の若手作家の作品展が開催された(2020/8/12~17)。(https://www.mitsukoshi.mistore.jp/nihombashi/shops/art/art/shopnews_list/shopnews0272.html) 日比野克彦(東京藝術大学 美術学部長…

COVID-19:「敗血症」(感染症の一種)による死者は、毎年1万人以上である

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(32) 今回もまずは、死者数の推移をみておこう。(厚労省の「新型コロナウイルス感染症の国内発生動向」の「年齢階級別死亡数」のグラフ数字から作成) 年齢階級別死者数(週別・新規) 7月中旬から、…

挫折した絶対主義者

井上達夫『共生の作法-会話としての正義-』(6) 今回も、第1章 正義論は可能か 第4節 相対主義 の続き(p.17~)である。 井上は、「相対主義者を自認することは、「開明的」な自己イメージを提供してくれるため、現代日本においてはなお支配的な知的フ…

各省庁の概算要求と財務省による予算査定

神野直彦『財政学』(18) 現在、第9章 予算過程の論理と実態 を読んでいる。予算過程は、(1)編成過程(立案過程と決定過程)、(2)執行過程、(3)決算過程に区分される。 今回は、「予算の概算要求に当たっての基本的な方針について」(概算要求基準)が閣…

COVID-19:風が吹けば桶屋が儲かる -コロナで死ぬということ-

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(31) 何度も同じような数表をのせているが、下表は2020/8/19現在のものである。(厚労省の「新型コロナウイルス感染症の国内発生動向」の「年齢階級別死亡数」のグラフ数字から作成) 年齢階級別死者数…

「立法」とは

浦部法穂『全訂 憲法学教室』(5) 今回は、第7章 国民主権 第4節 国会 1国会の地位と性格 の続きである。 今回のテキスト(pp.527~529)は、あまり面白くない。…「現実」を見て、考えなければならないだろう。 ********** 国会は、国権の最高機関であっ…

COVID-19:冷静な分析を

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(30) テレビの番組表や新聞を見ていると、やや落ち着いてきたかなと思う(8/16現在)。全国の新規感染者数は1,000人規模が続き、全国各地でクラスターが発生しているが、通常のニュースの扱いになって…

COVID-19:「コロナ教団」のマインドコントロール

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(29) オウム真理教のマインドコントロールについて、西田公昭(脱カルト協会代表理事、立正大学心理学部教授)へのインタビュー記事(2018/7/12、オウム、改めて知っておきたいマインドコントロールの…

ヤニー(Yanni)(2) ライブに出かけよう

YYJT(30) ヤニーは以前(2017/01/02 Happy new age concert)とりあげたので2回目です。ライブ/コンサートに出かけられたら良いんですが…。(音楽空間の共有は「生」そのものです) https://www.yanni.com/photos?contentGalleryId=1017 1.Live The Conce…

COVID-19:PCR検査-選別-殺処分

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(28) 2020年8月3日、アニコムホールディングスは、預かっていたペットの犬をPCR検査した結果、陽性が判明したと公表した。(https://www.anicom.co.jp/release/2020/200731.html) 新型コロナ、PCR検査…

COVID-19:小括

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(27) ここで少し、頭の整理をしておこう。 今回のメモ(目次) COVID-19は、「ただの風邪」なのか? 共通認識を確認しよう クラスター対策 PCR検査の大合唱 コロナ強迫神経症 私の処方箋 「発症前の感…

エコー・チェンバー、そして「部族社会」

山岸俊男監修『社会心理学』(6) 今回は、第2章 社会心理学の歴史的な実験 のうち「リスキー・シフト実験」の関連として、「エコー・チェンバー(Echo chamber)」をとりあげる。(本書に説明はない) echoは、こだま、反響、共鳴、付和雷同、模倣の意味…

COVID-19:PCR検査 -地獄への道は、善意で舗装されている-

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(26) (2020/8/1) 訂正箇所あり 全国各地で感染が広がっていると報じられている。相変わらずのマスメディアの「煽り」である。 「煽り」というのは、「無症状者」から「重症者」まで、ごちゃまぜで、新…

内田すずめ(BLACK Scandal)

https://www.fashion-press.net/news/43918 https://www.fashion-press.net/news/43918 https://www.kaifineart.com/suzumeuchida 内田すずめ アーティスト。自身の内面と向き合って生み出された作品には光と闇が共存しており、理想的な美しき世界とエゴに揺…

COVID-19:新型コロナウイルス感染症の「死者」の定義

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(25) ※ 追記あり(2020/7/26) 事例1:新型コロナで学校が休校となり妊娠してしまい、親の反対で中絶手術をしたが心に深い傷を負った。これはコロナが原因だろうか? https://children.publishers.fm/…

賃金格差の現状

香取照幸『教養としての社会保障』(14) 今回は、第4章 変調する社会・経済 第4節 長期不況・デフレのインパクト-格差社会の出現 である。 香取は、「デフレは賃金を直撃しており、実質賃金が下落している」と述べているが、「デフレ」が「賃金」とどの…

「芸術的な創造性の問題」と「ジャーナリズムの競争的な構造」について

アルフィ・コーン『競争社会をこえて』(13) 今回は、第3章 競争はより生産的なものなのだろうか-協働の報酬 の続きである。 いくつかの研究事例が紹介されているが、ここでは2つだけとりあげよう。 芸術的な創造性の問題 7歳から8歳の少女たちが「…

COVID-19: 疑わしきは排除せよ!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するメモ(24) 7月初め頃から、東京を中心とした「新規感染者」の増大傾向が報道されている。 最初にエクスキューズしておきたいが、これから述べることは「日本」に限定した話であり、主観的に25%は誤りであ…

「生気論」の意義

山口裕之『ひとは生命をどのように理解してきたか』(21) 今回は、第2章 生物学の成立構造 第2節 「生物学」の登場 の続き(p.102~)と第3節 分子生物学と生気論である。 その前に、ちょっと復習。 「生気論」とは、「生物には通常の物質とは異なる特…

ベビーM事件

立岩真也『私的所有論』(31) 今回は、第4章 他者 第5節 生殖技術について の続き(p.160~)である。 ベビーM事件 1985年2月、スターン夫妻(夫は38歳の生化学者、妻は38歳の小児科医)とメアリー・ベス・ホワイトヘッド(当時28歳、無職、白人、子ども2…

ディデューラ(ДиДюЛя)

YYJT(29) №1と№5は、同じ曲です。 №2,3,5は、Saint-Petersburg*1でのライブです。 №3の動画より。この中央のダンサーいいですね。このダンスはポルカ? それと円筒形の帽子は、何という名前でしょうか? 1.Полет на Меркурий(水星への飛行) www.…