読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに

形而上学・倫理学・法哲学・社会学・自然学・美学・その他諸々について書いてみたい幼稚園児のブログです。まあ、しかし焦らずにゆっくりと、気の向くままにいきましょう。

灰色のカラスは最高さ

数年前 BOOK OFF で聴き、とても印象に残った曲です。

西田エリが唄っています。その歌詞がまた良いです。

www.youtube.com

 

同曲を原案とする映画「灰色の烏」が今月劇場公開されます。

この物語は、男性恐怖症、PTSD、鬱、境界例パニック障害‥‥、現代に溢れる様々な病理の中で、生き方を見失った多くの人たちに、あらゆる束縛から心を解放し、自分らしく生きることを呼びかけている。

この曲を聴き、歌詞を読んだとき、私には、上記キャッチコピーのような「現代に溢れる様々な病理」は思い浮かばなかった。

しかし、この歌詞の世界は、西田の思いがどうあれ、それ独自の拡がりをみせているように感じられる。

私がどう感じたかは後で書きます。

作詞:西田エリ 作曲:ハヤマカズト 編曲: ちぃ太 http://www.uta-net.com/movie/123769/

白い鳩の群れの中に

灰色のカラスが紛れ込んでいたよ

ヒソヒソヒソヒソ… 見慣れない顔だな

ガヤガヤガヤガヤ… どこから来たの?

 

鳩のボスが出てきて 「あんた誰なの?」

「はい私は 選ばれたカラスです。白と黒の統一のためにやってきました」

彼にとって豆を食べる暮らしは とても厳しかった

 

灰色のカラスが歌うと そのカッコよさに みんな痺れてしまった

ドキドキドキドキ 鳩はポッポをして

ざわざわザワザワ 泣き出す子もいて

 

鳩のボスがまた出て 「あんたは偉い」

今や彼は 群れ一番の人気者

鳩のハートをしっかり掴んでしまったのです

彼は呟く 「歌が無かったらオイラはただのボンクラさ」

 

灰色のカラスは最高さ  灰色のカラスは最高さ

灰色のカラスは最高さ  灰色のカラスは最高さ

 

灰色のカラスの元祖は

イギリスのロックのスーパーヒーローなのさ

ワァワァワァワァワァ… 顔を見せる度

キャァキャァキャァキャァ… 抱きついたりして

 

鳩のボスが横目で 「あんたにゃ負けた」

すっかり彼は有頂天になっていて

まるで世界を制覇したかのようでした

彼にすれば歌うことだけが 頼りで武器でもあった

 

灰色のカラスは最高さ 灰色のカラスは最高さ

灰色のカラスは最高さ 灰色のカラスは最高さ

 

灰色のカラスは最高さ 灰色のカラスは最高さ

灰色のカラスは最高さ 灰色のカラスは最高さ

 

灰色のカラスは最高さ 灰色のカラスは最高さ

 

鳩のボスが出てきて「あんた誰なの?」「はい私は 選ばれたカラスです。白と黒の統一のためにやってきました」 …対立する主張/グループ/コミュニティの一方に紛れ込み、問われて曰く「私は 選ばれたカラスです」とは、大変な自信だ。

彼にとって豆を食べる暮らしは とても厳しかった…それはそうでしょう。色が違うからね。

灰色のカラスが歌うと そのカッコよさに みんな痺れてしまった…みんな痺れるような歌を唄えるとは、やはり「選ばれたカラス」だ。

鳩のボスがまた出て「あんたは偉い」…「あんたは偉い」と言える鳩のボスも「偉い」。

鳩のボスが横目で「あんたにゃ負けた」…こうして世界は平和になった。

 

Aren't we all humans? Then why can't we live in Peace.

f:id:shoyo3:20150310144507j:plain

http://www.wall321.com/Abstract/Text/text_doves_grunge_peace_human_typography_1920x1080_wallpaper_59438

(注)PEACEの2文字目のEが、ピースマークになっています。