気の向くままに

形而上学・倫理学・法哲学・社会学・自然学・美学・その他諸々について書いてみたい幼稚園児のブログです。まあ、しかし焦らずにゆっくりと、気の向くままにいきましょう。

読書ノート

ダブルスタンダード 妊娠するアンドロイド

伊勢田哲治『哲学思考トレーニング』(16) 今回は、第4章 「価値観の壁」をどう乗り越えるか 第7節 妥当でない価値的推論 である。 価値的推論にも、他の論理的推論と同じように、妥当な推論もあれば妥当でない推論もある。実践的三段論法は妥当な価値…

表現の自由 二枚舌 角を矯めて牛を殺す

平野・亀本・服部『法哲学』(33) いま問題にしているのは、「表現の自由」と「ヘイトスピーチ」である。前回はこの関連で、「憎悪のピラミッドとマイクロアグレッション」を紹介した。 マイクロアグレッション(microaggression)とは、「悪意なき差別」…

権力とは 支配と服従

稲葉振一郎・立岩真也『所有と国家のゆくえ』(18) 第4章 国家論の禁じ手を破る の続きである。 フーコー権力論の衝撃 私はフーコーを読んでいない*1ので、いい加減なコメントになるかもしれないが、気にしないで読みすすめよう。 稲葉 フーコーの議論は…

ブランクーシの彫刻 <抽象ではなく本質を表現した具象>

末永照和(監修)『20世紀の美術』(14) 今回とりあげるのは、彫刻家コンスタンティン・ブランクーシ(Constantin Brâncuşi、1876-1957)である。 彫刻といっても、(美術愛好家でなければ)あまり馴染みがないので、解説をみておこう。 木,石,金属,…

世代間の対立?

加藤尚武『現代倫理学入門』(29) 今回は、第13章 現在の人間には未来の人間に対する義務があるか である。 現在の人の未来の人への犯罪 現在の世代が未来の世代の生存のために、環境と資源の保護という義務を負うとしよう。現在の地球人と未来の地球人…

ウィキリークス(1) 忖度まんじゅう 法では解決困難な問題にどのように踏み込むか

塚越健司『ハクティビズムとは何か』(13) 塚越は、ウィキリークス*1について、次のように説明している。 不正に関する情報の公開という、法では解決困難な問題に踏み込むことで、法や政策の無能さを示すと同時に社会貢献を目指す集団がある。ハクティビ…

介在神経系

木下清一郎『心の起源』(10) 木下は、前節において「神経系がどれほど特異な位置を占めるとしても、神経系を持たない生物には心はないなどと言い切るのは差し控えておきたい」と言い、また「これとは逆に、神経系があれば心もあるに決まっているとも言い…

音楽の力(ベートーヴェン、絢香)

岡田暁生『音楽の聴き方』(21) 今回から、第5章 アマチュアの権利 に入る。 岡田は、西洋近代音楽を念頭に置いて話をしているが、ここで述べられていること(考え)は、他分野(芸術全般及びその他の分野)にも拡張可能かもしれないということに留意して…

「価値観の違い」で済まして良いのか?

伊勢田哲治『哲学思考トレーニング』(15) 今回は、第4章 「価値観の壁」をどう乗り越えるか 第6節 価値主張のクリティカルシンキングの手法(前回の続き)である。…価値観が対立したらどうしようもないのか? 価値観が多様化しているからといって、相…

憎悪のピラミッドとマイクロアグレッション(悪意なき差別)

平野・亀本・服部『法哲学』(32) 今回は、「表現の自由」と「ヘイトスピーチ」の話の関連で、(本書を離れるが)「憎悪のピラミッド」(Pyramid of Hate)と「マイクロアグレッション」(microaggression)についてみていこう。 テキストは、金友子「マ…

国家論の禁じ手? なぜ、「なぜ?」と問わないのか? 仕事しかしてないよ……

稲葉振一郎・立岩真也『所有と国家のゆくえ』(17) 今回から、第4章 国家論の禁じ手を破る に入る。 立岩は、国家を論ずるのに2通りの考え方があると言う 立岩 一つは、今ある国家の現状なり成り立ちの説明(事態の説明)。どういう力関係で今の政策決…

エコール・ド・パリのマルク・シャガール

末永照和(監修)『20世紀の美術』(13) 今回は、第5章 両大戦間の国際的動向 である。内容は、エコール・ド・パリ、パリの抽象美術、イギリスの抽象美術、メキシコ壁画運動、アメリカン・モダン、第二次大戦下の美術。…しかし、ざっと見た限り、とり…

「義務」とは何か 労働基準法とお茶汲み

加藤尚武『現代倫理学入門』(28) 今回は、第12章 貧しい人を助けるのは豊かな人の義務であるか である。しかし、本章で取り上げられるのは、「義務論」であって、「貧困問題」ではない。貧困問題は別途、ということで本書の義務論をみていこう。 加藤…

死んだ牛を祀る会、織り句法、玉ねぎ中継

塚越健司『ハクティビズムとは何か』(12) ハクティビズモ 政策無効化はハクティビズムが有する戦略の一つであるが、ハクティビストの活動は特定の人々に情報技術という武器を与え、支援することもある。 ハクティビズムという言葉を1996年には使用してい…

男性ホルモン、エクスキュルの環世界、南北を向いて糞をする犬

木下清一郎『心の起源』(9) 神経系と心 神経系がどれほど特異な位置を占めるとしても、神経系を持たない生物には心はないなどと言い切るのは差し控えておきたい。例えば、内分泌系という液性のコミュニケーションによって、生物体の隅々にまで平穏な状態…

時空を超えたコミュニケーションとしての音楽

岡田暁生『音楽の聴き方』(20) ポリーニのショパン《エチュード集》をどう聴くか 岡田の話を聞く前に、次の曲を聴いてみよう。 Pollini plays Chopin Etude Op.10 No.5 (黒髪エチュード) Pollini plays Chopin Etude Op.25 No.2 (参考)Op.10 No.5の…

「生きる意味」のクリティカルシンキング

伊勢田哲治『哲学思考トレーニング』(14) 今回は、第4章 「価値観の壁」をどう乗り越えるか 第4節 倫理的懐疑主義 ~第6節 価値主張のクリティカルシンキングの手法(一部)である(2017/6/10修正)。「生きる意味」のような価値主張に対して、「各人…

共同体論(3) 各人は自由に、自分が良いと思う生き方を追求してよいのか?

平野・亀本・服部『法哲学』(31) 共同体論者の言う「自由社会の病弊」とは、次のようなものであった。(共同体論(1)彼氏レンタル/彼女レンタル 参照) 共同体を衰退させ、歴史や伝統に培われた共同体の価値を失わせる 人間関係の希薄化を招く 個々人…

不平等論(12) 「私はこの社会に居場所はない」と呟く人を生み出すような社会は望ましい社会なのか?

稲葉振一郎・立岩真也『所有と国家のゆくえ』(16) 前回、立岩は、(1)権利は人々の承認を待って初めて実効力を持つ。(2)しかしそれだけではなく、人の権利は、人が認めたり承認したり、好きだったり嫌いだったりすることと独立して存在するべきである。と…

シュルレアリスム(2) 球体関節人形 ハンス・ベルメール 清水真理

末永照和(監修)『20世紀の美術』(12) 美術史を語ろうとするなら、サルバドール・ダリ(Salvador Dalí、1904-1989)は外せないだろうが、私は「好み」で作品をとりあげているので、これはパスする。 今回とりあげるのは、ハンス・ベルメール(Hans Be…

「他人に迷惑をかけなければ何をしても良い」という自由の空しさ

加藤尚武『現代倫理学入門』(27) 加藤は、自由主義の原則を次の5つ(の条件)に要約していた。 ①判断能力のある大人なら、 ②自分の生命、身体、財産に関して、 ③他人に危害を及ぼさない限り、 ④たとえその決定が当人にとって不利益なことでも、 ⑤自己決…

著作物のフェアユース(fair use、公正な使用)

塚越健司『ハクティビズムとは何か』(11) 塚越は、実際のハクティビズムの例をいくつか挙げている。すべてがハクティビズムかどうか分からないが、ともかく順番にみていこう。 まず最初にDeCSSであるが、要約すれば、次のようになろう。 映画というのは…

細胞の情報処理 ホメオスタシス マイクロバイオーム

木下清一郎『心の起源』(8) 今回は、第2章 心の原点をたずねる 第3節 なぜ神経系のみに心の座を求めるのか である。 神経系の独自性 生物が外界の情報を受け入れるのは、神経系によるばかりでなく、そのほかに内分泌系もあれば免疫系もある。それにもか…

価値主張の無限連鎖

伊勢田哲治『哲学思考トレーニング』(13) 今回から、第4章 「価値観の壁」をどう乗り越えるか に入る。 「死刑制度は廃止するべきだ」とか「アメリカはイラクに戦争をしかけるべきではなかった」とかという主張は、単なる事実ではなく、ある行為や状態…

共同体論(2) 共同体論者の自由主義(リベラリズム)批判

平野・亀本・服部『法哲学』(30) 前回に引き続き、共同体主義(コミュニタリアニズムcommunitarianism)の話である。平野は、共同体論者による「自由主義的な正義の議論」の批判を紹介しているのだが、その説明にやや分かりにくいところがあるので、以下…

不平等論(11) 思いを超えてあってほしいという思い

稲葉振一郎・立岩真也『所有と国家のゆくえ』(15) 前回、稲葉は、「所有のみならず、権利一般に関して、周囲の同じ世界に共存している他人が認めようが認めまいが、人はある権利を持っているというふうに、多くの場合において言える」と述べていた。これ…

シュルレアリスム(1) - 夢・驚異・想像・無意識・狂気・偶然

末永照和(監修)『20世紀の美術』(11) 形而上絵画 キリコらの作品が「形而上絵画」と称されるが、私にはあまり魅力的なものではないので、解説だけ引用しておこう。どういう絵画なのかの雰囲気だけは分かる。 目に見える何気ない世界にも、その背後に…

タバコを吸うという愚かなことをする権利

加藤尚武『現代倫理学入門』(26) 今回は、自由主義の原則の第4番目、「④たとえその決定が当人にとって不利益なことでも」についてである。 ある行為をすること、または差し控えることが、彼のためになるとか、あるいはそれが彼を幸福にするであろうとか…

サイバースペースの自治から現実の社会改革へ

塚越健司『ハクティビズムとは何か』(10) 今回より、第3章 創造性とウィキリークス に入る。世間(世界)を騒がせたウィキリークスをどう評価するか。 コンピュータとインターネットの普及は、軍と政府の巨大な投資によってしか成立し得なかった。ハッ…

音楽作品の客観的存立とその解釈

岡田暁生『音楽の聴き方』(19) 岡田は「音楽作品」について話しているのだが、これは「芸術作品」全般にあてはまるように思われる。 次の作品は、「芸術作品」であるや否や? ピンクノイズ www.youtube.com 4分33秒 (John Cage) www.youtube.com 音楽…